予約システム・データの活かし方

最近、多くの施設様が予約システムを導入されている傾向になっておりますよね。当然、ご予算の関係や客数によっても異なることですから、まだまだペーパー管理で充分!とおっしゃる施設様もいらっしゃいます。


私的には、顧客情報をデータ化したときに、
「何が便利になるのか?」をしっかりわかった上での導入タイミングが重要だと思います。決して、客室数や予約件数が多いor少ないは関係のないことです。


実は、顧客管理ができるから!で導入をされた施設様も多いと思われますが、

データ化をすることで・・・
1番は、「この先の売上を見える化しておくこと」です。


宿泊業のメリットとも言える、飲食店とは異なり事前による「予約」で売上が見込める点。しかし、その売上が見込めているのも関わらず、ペーパー管理の場合は「人数」「件数」までは簡単にわかっても、その先の「売上の具体的な数字」を計算するとなるとかなりの手間ですよね。ここの算出を予約システムを導入することで、見えるようになるのです。


先の数字がある一定見える分、今度は逆にそれに合わせてコストを削減させる「計画・算段」ができるわけです。



この辺もぜひ考慮してみてください。

無料メルマガ配信中!

旅館経営、運営、集客の参考情報をメルマガで無料配信中。ご希望の方は下記から登録を。

※登録後に届く確認メールのURLをクリックすると登録が完了します。

旅館様へのお願い

ネット集客で成果をあげるには、お客様を増やしたいという想いと、ご協力が不可欠です。第三者の私たちだけでは当然、魅力あるプラン造成やリアルな在庫管理はできないからです。そのため、「ご協力をいただけない。サポートが困難」と判断した場合、お申込みをお断りする場合がございます。何卒ご理解の程、お願い申し上げます。

ご対応エリア
長野県 埼玉県 群馬県 山梨県 静岡県 栃木県 茨城県 新潟県 富山県 岐阜県

オカダビジネスサポートグループ
オカダビジネスサポートグループ

◯関連会社

ネット活用コンサルタント事業/

SKKコンサルティング

コワーキング&カフェ運営事業/

アルゴット戸倉