むしろ、夏に向けての取り組み重視

6月も半分を過ぎ、残りわずか。
今月の売上としては、いかがでしょうか。

弊社は長野県内に多くのクライアントの旅館さんが多いのですが、正直昨年対比で比べると今月は売上が低迷しています。

実はこれ、当然の結果とも言えるのです。

というのは、始めから分かっていた想定内の売上なので慌ててはいません。


4・5月には長野善光寺でご開帳がありました。この時期は長野県内に観光客が一気に増えました。伴って、宿泊客も増えましたので売上としては、例年以上のものとなったのは言うまでもありません。

しかし、この6月…。
反動で県内に来る人が絶対的に減ります。その前のご開帳にあわせて来てしまっていますからね。また、夏休みやお盆休みなども控えていることから連休の無い今月は、π(パイ)が例年になく無い訳です。

このπが無い以上、どう頑張っても昨年を上回る以上の売上にはならないからです。


そこで各旅館さんにアドバイスしているのが、当月に目を置くのではなく、それより先の夏の仕掛けに特化することに目を向けて欲しいということ。

以前からお伝えしていますが、今月の売上を上げようと思っても、今月から動き出しても予約は一定数以上は伸びません。でしたら、4・5月で伸びた売上で6月のマイナスを埋め、先の仕掛けで予約を獲得しておくことの方が大きく売上を伸ばすことに繋がります。


そしてこの考えは、すでに3月頃から計画的に行っています。ですから、売上の少ない今月になってからでも動じない経営が実現されています。

売上は決して昨年を上回るだけとは限りません!今回のようにご開帳だけでなく、年間を通してのシーズナリティを把握していればマイナスとなってしまったとしても、どこでカバーできるかなど仕掛けを事前に施しておくことが可能になります。

無料メルマガ配信中!

旅館経営、運営、集客の参考情報をメルマガで無料配信中。ご希望の方は下記から登録を。

※登録後に届く確認メールのURLをクリックすると登録が完了します。

旅館様へのお願い

ネット集客で成果をあげるには、お客様を増やしたいという想いと、ご協力が不可欠です。第三者の私たちだけでは当然、魅力あるプラン造成やリアルな在庫管理はできないからです。そのため、「ご協力をいただけない。サポートが困難」と判断した場合、お申込みをお断りする場合がございます。何卒ご理解の程、お願い申し上げます。

ご対応エリア
長野県 埼玉県 群馬県 山梨県 静岡県 栃木県 茨城県 新潟県 富山県 岐阜県

オカダビジネスサポートグループ
オカダビジネスサポートグループ

◯関連会社

ネット活用コンサルタント事業/

SKKコンサルティング

コワーキング&カフェ運営事業/

アルゴット戸倉