どんな流れを作りたいか

3連休も終わりになりましたね。
日曜日は、クライアント旅館さんのお手伝いで久々に現場業務をしておりました^ ^

普段どちらかというと頭を使って考えることが多い今の仕事ですが、やっぱり現場でお客様に接していると、よりお客様のニーズに目を向けられていいですね!


実は今回お手伝いに伺ったのは、温泉夏祭りのイベントがあり、人手不足や温泉街の交通規制など、普段とオペレーションが異なることが多いため、受け入れ体制の面でフォローに。

他の各旅館さんでは、お客様を迷わせないように誘導に2〜4人体制で人手を多く配置していましたが、クライアントの旅館さんではプラス1人の要員で済みました。この1人というのも私だけですが(^^;;


お分りだと思いますが、特日だからといって人手にコストが掛かってしまうのであれば、意味がありません。ましてや、駐車場までという誘導で負担が掛かるのであれば尚のことです。

では、他の旅館さんより人手を最小限に抑えられたのはどうしてだと思います?



違いは「流れ」が作れているかです。

お客様が迷わず旅館に辿り着ければよい訳ですから、お客様に事前に分かりやすいルート・時間帯をインフォメーションしておき、当日はそのルートの所々に旅館名と矢印を描いて張り出す。たったこれだけです。

張り出す方法も、ただ目立てばよいのではなく、車の運転手の目線の高さに合わせることが肝心ですよね。

どのような目的をもって、そのためにどのように準備しておくか。また、考えられる障害がクリアできるのか。この全体の流れをイメージしておくだけで、結果としてこちらの意図通りの誘導ができ、さらに人件費をカットすることができました。



この流れというのは集客も同じですよね。

どうやって空室を埋めていくか。そのために何を仕掛けておくか。全体の入込状況のバランスをみてどう交渉するか。結果、どうなっていることが理想なのかをイメージしておく。この繰り返しですから。

無料メルマガ配信中!

旅館経営、運営、集客の参考情報をメルマガで無料配信中。ご希望の方は下記から登録を。

※登録後に届く確認メールのURLをクリックすると登録が完了します。

旅館様へのお願い

ネット集客で成果をあげるには、お客様を増やしたいという想いと、ご協力が不可欠です。第三者の私たちだけでは当然、魅力あるプラン造成やリアルな在庫管理はできないからです。そのため、「ご協力をいただけない。サポートが困難」と判断した場合、お申込みをお断りする場合がございます。何卒ご理解の程、お願い申し上げます。

ご対応エリア
長野県 埼玉県 群馬県 山梨県 静岡県 栃木県 茨城県 新潟県 富山県 岐阜県

オカダビジネスサポートグループ
オカダビジネスサポートグループ

◯関連会社

ネット活用コンサルタント事業/

SKKコンサルティング

コワーキング&カフェ運営事業/

アルゴット戸倉