ホテルコンサル・旅館コンサル どっちも一緒?

インターネットで検索をしていると、「ホテル・旅館コンサルタント」という表示をよく目にしますが、私は全然違うと思っています。

 

むしろ言うならば、「旅館」のほうが圧倒的に大変です。

それは、『売っているものが違う』から。

 

現役のころも、ホテル業を退職されて旅館業に来られた方を多く知っていますが、大抵の方は1年以内に辞めてしまいます。原因は、「旅館のほうが細かく、やることが多くて大変」という理由からでした。

 

そうなんです、ホテルは基本「部屋売り」。なので、部屋さえ清掃が終了していて、部屋条件をクリアしていればその場で部屋NO.を決めてアサインすることができます。旅館のように「前もって部屋割りを決めておく」ことはいりません。(団体の場合は除きますが)

また、食事に関してはバイキングが多いので、同じく部屋割を事前にしておく必要もありません。

 

しかし、旅館は違います。

 

予約の段階で仮にアサインをしておいて、数日前になったら正式な部屋割りを決め、どの部屋のお客様にどの料理を提供しなくてはいけないのか、基本「部屋NO.」があって事前準備をしなくてはいけません。この現場オペレーションは、ホテルとは全く異なります。部屋へのご案内や、呈茶などのサービス、浴衣合わせ、お迎え・お見送りなども異なる点ですね。

 

旅館では、サービス(おもてなし)というのがついて回ります。その差などで料金が異なり、プランもまた異なります。つまり、プラン造成をするにも当然、この旅館業というビジネスモデルを理解していなければ、「売上」をあげていくことはできませんよね。

 

 

では、「ホテル・旅館コンサル」と言っている人は、能力が無いの?

 

いいえ、そんなこともありません。ただ、コンサルとしての観点の違いです。

 

コンサルティングといっても、課題はさまざま。売上なのか、人材なのか、コストなのか、色々あるようにコンサル内容も違います。『売上アップ』であれば弊社のようなコンサルですし、人材であれば社労士の先生がコンサルしている場合、コスト面であれば会計士の先生がコンサルをしている場合もあります。恐らく、ホテル業と旅館業の両立をできるコンサルタントであれば、売上ではなく「コスト(数字)」管理のプロの方が多いのではないでしょうか。

 

 

このようにミスマッチでコンサルに依頼をしてしまうこともありますので、今後依頼をする機会がありましたら、『自社の課題は何か』という観点から、得意とする分野の専門家を選ぶようにしてくださいね。

得意とするのは、旅館業の販売なのか、コスト管理なのか。それともホテル業の販売なのか、コスト管理なのか。これによって、掛かる経費もしかりですが本当に解決しなければいけない問題を改善していけるか異なってしまい、時間的コストも無駄になってしまいますので。

無料メルマガ配信中!

旅館経営、運営、集客の参考情報をメルマガで無料配信中。ご希望の方は下記から登録を。

※登録後に届く確認メールのURLをクリックすると登録が完了します。

旅館様へのお願い

ネット集客で成果をあげるには、お客様を増やしたいという想いと、ご協力が不可欠です。第三者の私たちだけでは当然、魅力あるプラン造成やリアルな在庫管理はできないからです。そのため、「ご協力をいただけない。サポートが困難」と判断した場合、お申込みをお断りする場合がございます。何卒ご理解の程、お願い申し上げます。

ご対応エリア
長野県 埼玉県 群馬県 山梨県 静岡県 栃木県 茨城県 新潟県 富山県 岐阜県

オカダビジネスサポートグループ
オカダビジネスサポートグループ

◯関連会社

ネット活用コンサルタント事業/

SKKコンサルティング

コワーキング&カフェ運営事業/

アルゴット戸倉