しかなかった。

早いもので、もう6月になりましたね。5月中はGWもありましたが、売上のほうはいかがでしたでしょうか。

じつは昨日、クライアント先の旅館で組合の会合があり、出席した宿の方からこんな意見がありました。

「今年の5月はおかしかった。昨年の2割しか売上がない…」

『2割しかない?』

思わず聞き直してしまったのですが、2割減ではなく、2割「しかない」という状況だったようです。これは厳しいといっている状況をはるかに超えてますよね…


いろいろとお話を伺ったのですが、どうやら原因は2つのようです。1つは、去年売り上げた数字が、また今年も入るものだと思っていたこと。2つ目は、ネットからの予約がビジネスマンからの予約しか入ってこなくなってしまったこと。どうやらこの辺りが問題のようです。

そしてまた6月がスタートし、この状況が繰り返されてしまっていて、当然売上は…。宿のご主人も、そろそろ閉めるしかないとお考えのようです。


これはどの旅館であっても同く起こり得ることです。傾向と対策を読み違えてしまう、また状況を日々分析していないことによる、いわゆる「思い込み」というもの。

昨年はこのくらい売り上げたから、今年は同じくらいの売上があるだろう。この「だろう」というのが怖いのです。予約は0から始まり、積み重ねた結果、昨年よりも多かったのか少なかったのかを判断します。ですが、始めから昨年の数字だけをみて、去年の傾向はこうだったからと何も対策しないでいると、このように読み違えて、今からではどうにもならない。という状況に陥ります。

ですから、日々の予約状況を確認し、昨年と今年の傾向を比較・分析して、早めに対策を打っておくことが必要です。旅館での売上はあくまで、その積み重ねの結果でしかありません。残念ながらこちらの旅館では、その思い込みによって大きな損失につながってしまったようです。

無料メルマガ配信中!

旅館経営、運営、集客の参考情報をメルマガで無料配信中。ご希望の方は下記から登録を。

※登録後に届く確認メールのURLをクリックすると登録が完了します。

旅館様へのお願い

ネット集客で成果をあげるには、お客様を増やしたいという想いと、ご協力が不可欠です。第三者の私たちだけでは当然、魅力あるプラン造成やリアルな在庫管理はできないからです。そのため、「ご協力をいただけない。サポートが困難」と判断した場合、お申込みをお断りする場合がございます。何卒ご理解の程、お願い申し上げます。

ご対応エリア
長野県 埼玉県 群馬県 山梨県 静岡県 栃木県 茨城県 新潟県 富山県 岐阜県

オカダビジネスサポートグループ
オカダビジネスサポートグループ

◯関連会社

ネット活用コンサルタント事業/

SKKコンサルティング

コワーキング&カフェ運営事業/

アルゴット戸倉