旅館コンサルの違いはどこにあるのか

10月も終わりましたね。今年も残すところ、あと1ヶ月を切りました!
この時期になると、今年の売り上げもある程度具体的に数値化して見えてくるのではないでしょうか。おかげさまで弊社クライアントの旅館では、全施設において昨年を上回る売り上げとなりそうです。
 
さて、弊社もいよいよ次のステップになってまいりました。予想を上回る問い合わせと専門家派遣の依頼もあり、業界の厳しさが伺えるようになってきております。
この現状を改善するために、そしてより多くの旅館にご支援ができるように、さらなる強化を図る計画が進んでおります。ご期待ください!
 
それはさて置き、最近になって多いなぁと感じることがあります。
今まで以上に多数の旅館オーナーさんにお会いする機会も増えたのですが、「ウチも実はコンサルを入れてるんですよ」とおっしゃるんです。
 
話しを伺うと、中小企業診断士や会計事務所を本業とする先生のほかにも、元ネットAGTの営業マンだった方がコンサルとして起業して委託をしているそうです。この傾向、ホント多いんです。
 
どの旅館でも、いまやネット集客ができるかできないかで経営状態も変わりますから、身近で携わっていた人に頼むことは当然かもしれません。
確かに、さまざまな傾向など分析に関してはエキスパートといえます。また、多くのエリアを担当されていたでしょうから、情報にも長けています。これは、武器としても大きいですよね。
 
では、弊社は?と言われそうなので、一応弁明だけ(^^;;
 
弊社はサイトにも記載している通り、旅館での現場経験を16年積んだ代表が、売り上げと収益を上げる旅館の仕組みづくりを、あくまでネットという切り口から見出していきます。
当然、その影響は直販であったりリアルエージェントにも及びます。
 
つまり、宿全体の収益性を高める効果につながります。
過去のデータ分析も重要なのですが、弊社が見ているのは「先の売り上げと仕掛け」です。どのタイミングで、どのような仕掛けをすることで、いつの予約を動かしたいのか? ここに注力しています。
 
現場にいたからこそ分かる、コスト管理やオペレーション、状況判断が生きてきます。
そう、弊社が最大限貢献しているのは、「分析」「判断」「実行」です。そのため、1施設から何度も何度も相談をいただきます。
 
みなさん、最終的に悩むのはこの3つだからです。
 
決して、ほかのコンサル業をしている方をどうこういうつもりはないのですが、本当の意味で宿全体の収益と活動のバランスが保たれなければ持続しません。1つの販路を伸ばすだけでは、全体が伸びないからです。
その状態を作り上げることができるのは、やはり何と言っても「現場」を知っているかで大きく違いが出ます。
 
もし、今後コンサルの委託を検討しているのであれば、具体的にどこまでのサポートを受けたいかによって相談先を検討してみてはいかがでしょうか。
 
ちなみに、ちなみにですが…。
 
弊社が認定を受けている国や県からの「専門家」には、厳しい認定基準があります。資格ではないので、その分審査が厳密です。
 
  • 10年以上の実務経験があること
  • 具体的に支援ができるという実績を証明できるものがあること
  • 国が認める認定機関より推薦を受けること
 
これら条件を全てクリアしないと専門家としての認定を受けることができません。

無料メルマガ配信中!

旅館経営、運営、集客の参考情報をメルマガで無料配信中。ご希望の方は下記から登録を。

※登録後に届く確認メールのURLをクリックすると登録が完了します。

旅館様へのお願い

ネット集客で成果をあげるには、お客様を増やしたいという想いと、ご協力が不可欠です。第三者の私たちだけでは当然、魅力あるプラン造成やリアルな在庫管理はできないからです。そのため、「ご協力をいただけない。サポートが困難」と判断した場合、お申込みをお断りする場合がございます。何卒ご理解の程、お願い申し上げます。

ご対応エリア
長野県 埼玉県 群馬県 山梨県 静岡県 栃木県 茨城県 新潟県 富山県 岐阜県

オカダビジネスサポートグループ
オカダビジネスサポートグループ

◯関連会社

ネット活用コンサルタント事業/

SKKコンサルティング

コワーキング&カフェ運営事業/

アルゴット戸倉