旅館の運営を委託したいという相談が増えている

ここのところ相談案件として、旅館の「運営委託先」を探しているとお悩みのお話しをいただきます。理由はさまざま、
・オーナーの高齢化に伴い
・売上も低迷している
・後継がいない
・従業員の雇用を守りたい
・代々受け継いだ旅館を残したい  など。
 
本来は従業員の中から候補者が見つかればいいのですが、若者の業界離れも多く求人を出しても理想の人材が来ない。という現状でもあります。
 
 
そこで弊社では、2つのサービスをご提供しております。
 
1つは、運営委託
経営者様より営業権の委託を受け、オーナー様に変わり現場指導や売上向上を目指します。これは、旅館の現場経験の長い弊社独自のノウハウがあるからこそ展開できるサービスです。コストカットをして利益だけを上げるのではなく「売上アップ」に向けた戦略的な展開をお手伝いします。
 
もう1つは、求人サイトの運営。
地元地域だけで若い人材を探すのには限界があります。そこで、県外から旅館で働いてみたいという人にまずはお試しで職場体験をしてもらい、本当に必要と思える人材かを見極めてから正規雇用をする仕組みの移住型求人サイトです。

 

移じゅ~るナガノ! https://www.iju-shigoto-nagano.com/

 

 

これら取り組みもしながら、業界全体がもっと繁栄する。旅館にもっと活気が湧いて、延いては地域の活性化につながればと考えております。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    島田光司 (土曜日, 11 3月 2017 13:07)

    今までの価値観ではどの業界でも成り立たないことは理解できます。
    で、旅館業界に新しいアイディアって事ではないですが・・・
    障害のある方とその家族が一緒に泊まれるお宿が出来ないものかと思ってます。意外にニーズがあると思うのですが、改装や職員の教育に多額の投資が要りそうですけど、介護の仕事してる友人からそういった分野は補助が受けやすいから可能では?と、言われました。私も1億位有れば旅館の権利買ってやってみたいなぁ。

  • #2

    岡田 拓也 (土曜日, 11 3月 2017 13:46)

    島田様
    確かに受け入れ体制というのはニーズもあるかと思います。ただ難しいのが、やはり設備投資費用かと。玄関から客室までの段差程度であれば費用もかからないのですが、受け入れるためには浴場含め、館内全てに施すことが必要になります。また、1から建物を建てる段階であれば費用も少なくて済むのですが、現状で建物が出来上がってしまっていることで費用は余計に掛かります。

    こういったものに活用できる補助金制度もあることにはあるのですが、全額を一旦は宿側が支払い後、戻ってくる仕組みなのでまずは工事費全体の資金そのものが必要になる。合わせて、補助金の場合は100%補助にはならず採択率(例:2/3を補助)が必ずあるので、残りの費用は宿持ちになってしまうのがハードルの高い理由かと思います。

無料メルマガ配信中!

旅館経営、運営、集客の参考情報をメルマガで無料配信中。ご希望の方は下記から登録を。

※登録後に届く確認メールのURLをクリックすると登録が完了します。

旅館様へのお願い

ネット集客で成果をあげるには、お客様を増やしたいという想いと、ご協力が不可欠です。第三者の私たちだけでは当然、魅力あるプラン造成やリアルな在庫管理はできないからです。そのため、「ご協力をいただけない。サポートが困難」と判断した場合、お申込みをお断りする場合がございます。何卒ご理解の程、お願い申し上げます。

ご対応エリア
長野県 埼玉県 群馬県 山梨県 静岡県 栃木県 茨城県 新潟県 富山県 岐阜県

オカダビジネスサポートグループ
オカダビジネスサポートグループ

◯関連会社

ネット活用コンサルタント事業/

SKKコンサルティング

コワーキング&カフェ運営事業/

アルゴット戸倉